読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいけど苦手なことをやってみる!

ブログを始めようと思って書き始めたら

ふと小学生の時の読書感想文を思い出しました。

 

小さい頃から何が苦手かって言われたら、
作文!読書感想文!
でした。

 

小学生の時に必ずやってくる読書感想文の宿題はもう本当にやるのが大変で。


本を読むことが苦手な上にその感想を書くなんて、、、


しかも自分の言葉でまとめなくちゃいけないなんて、、、

 


あ、宿題は早めに終わらせてましたか?

 

私は最後まで苦手なものを残しておいて

あとで後悔するタイプでした。

 

早く終わらせればどれだけ楽なんだろうって思いますよね。

でもやらない、、、笑

 

 

おばあちゃんに
「今年の読書感想文は何の本を読むの?」
と毎年聞かれていました。
おばあちゃんは本を読むのが大好きなので
私の読書感想文を毎年楽しみにしていました。

 

読む本はおばあちゃんと一緒に選んでいました。
「三銃士」という本を選んでくれたのですが、
「もっと薄い本がいい!あと簡単なの!」
と言っていたのを覚えています。

 

今なら「三銃士」読めるのかなぁ。

こんど挑戦してみます!

 


同級生の子は難しい本を選んで書いていたので、今の私より文章力がありますね、、、

 

本を読むのが苦手なのに、
小学生の時は図書委員でした!


たぶん、本が読める子に憧れがあったんだと思います。


あと、図書室の雰囲気が好きっていうのもあります。


いつもは騒いでるのに図書室ではみんな静かに本を読んでる感じが新鮮だったのかなーって。

 

大人になっても文章を書くのがほんとにヘタです。


言いたいことがまとまらず、
私の文章力で大丈夫かな?
と心配になります。


でもちょっとずつでも思っていることや感じたことを素直に書いて

伝えていきたいなと思います!